【二の腕のたるみが気になる方必見!】二の腕痩せに必要なポイント教えます!

千葉市稲毛駅から徒歩1分、40歳以上を10kg痩せさせるダイエットジム「REBORN」の本宮です。

お昼頃から晴れて良い天気になりましたね☀️

REBORNでは、本日3周年記念イベントを開催しました。

嬉しいことにエステは、朝から全ての枠が埋まっていました^ ^

 

そのイベントの際、ある方から

「本宮さん、二の腕痩せはどんな運動が効きますか❓」

という質問を受けました。

そこで、今回はアラフォー以上の方必見❗️【二の腕痩せ】に関してお話したいと思います💪

二の腕とは

二の腕は正確には【上腕三頭筋】と言います。

下記は肩甲骨から右腕にかけての図です^ ^

そして皆さんが気になる二の腕と言われるのが、下の筋肉です。

この内側の筋肉が皆さんたるむんですね💧

この筋肉は、見ての通り肩甲骨についていますよね❓

二の腕を引き締めるにはこの肩甲骨の位置が重要になります。

二の腕がたるむ原因

では、なぜたるんでしまうんでしょうか❓

  • 二の腕を普段使っていないから
  • 二の腕が使えていないから

ということになるのですが、なぜそうなってしまうのでしょうか❓

理由は

姿勢

です❗️

猫背になると肩甲骨は、外に開いて上に上がってしまいます。

そうすると、普段腕を動かす動作で、二の腕を使えるはずが、使えなくなってしまうんです。

それによって、普段から全く刺激が入らなくなってしまうので、たるんでしまいます。

これが、皆さんの二の腕がたるんでしまう原因です。

二の腕のたるみを改善する方法Step1(ストレッチ編)

では、具体的にどうすれば二の腕のたるみが改善出来るのかをご説明していきます。

まずは筋トレ❗️

じゃないですよ(笑)

使わないからたるむのではなく

普段、正しく使えていないからたるむんです❗️

だから、まずは姿勢からです(笑)

正しい姿勢をとるには、どうするか❓

実は、姿勢の悪い方はあるところの柔軟性がないんです。

それは

胸椎(きょうつい)

です❗️

ここの柔軟性を上げることで、姿勢が整います。

バスタオル2枚を筒状に丸めて、胸椎の下に置き、仰向けで寝てストレッチを行なってください^ ^

可能な方はストレッチポールでも代用可です。

しかし、猫背のひどい方はきついと思うので、まずはバスタオルから始めましょう。

それにより二の腕を【正しく使う】ことが可能になります💪

二の腕のたるみを改善する方法Step2(体幹トレーニング編)

Step1で胸椎の柔軟性が出たところで、次のステップです。

次のステップは、そのバランスを安定させる必要があります。

オススメのトレーニングは

プランク

です❗️

プランクをやるポイントを挙げると

1.肩甲骨を少し寄せて下に下げる

2.ひじの位置は肩より少し後ろ

3.腰を反らずにお腹を凹ませる

です。

これを可能な方は、30秒x3セット行なってください💪

二の腕のたるみを改善する方法Step3(二の腕エクササイズ編)

体幹を安定させ、最後に二の腕のたるみ解消エクササイズを行います。

キッチンやダイニングテーブルでも代用可能なのでぜひやってください。

キッチンやダイニングテーブルに手をつき腕立て伏せを行います。

ポイントは、脇をしめ【肩甲骨を軽く寄せて下げた状態で行う】です❗️

これも1日30回を目安に行なってください💪

いかがでしたでしょうか❓

毎日コツコツやってくださいね💪

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

~~~~~~~

ファスティングダイエットといえば!
千葉市稲毛のパーソナルジム「REBORN」

  • エステメニュー
  • ダイエット
  • パーソナルトレーニング

のブログ随時更新中!

LINE@にご登録ください!

今ならアンケートにお答えくださった方に体験割引クーポンプレゼント❗

LINE@優先情報など盛りだくさんです❗

ダイエットのウソホントやダイエットお役立ち情報を配信しています❗

登録はこちらから

友だち追加数

 

 

無料カウンセリングお申し込み

初めてで不安だから話を聞いてみたい、トレーニングを試してみたいなどありましたら是非ご連絡ください。
お客さまの都合の良い時間にご案内させていただきます。

LINE友だち登録

友達追加しアンケートに答えると、もれなく体験割引きクーポンをプレゼント!
ダイエットノウハウが無料で手に入る「ダイエットメール講座」やダイエットの無料お役立ち情報も配信中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

カテゴリー

Facebook