アラフォー女性が代謝が下がってが痩せにく理由と3ヶ月で5kg痩せる方法教えます

千葉市稲毛駅から徒歩1分、40歳以上を10kg痩せさせるダイエットジム「REBORN」の本宮です。

本日も暖かい1日でしたね☀️

昼間は薄着でも全く問題ないですね^^ 

と言うことはいよいよ薄着の季節がやってくると言うことですが、皆さん準備はいいですか❓

 

年始に今年こそ夏までに痩せるぞ❗️と意気込んでいたそこのあなた❗️大丈夫ですか❓

まだ何にもやってなくて焦っているあなたに今回は

【代謝が下がる仕組み】

【アラフォー以上でも3ヶ月で痩せるダイエット法】

をお伝えしたいと思います💪

代謝とは

REBORNのクライアントさんは、基本的には40歳以上の方が多いのですが、現在のお悩みを伺うとほとんどの方が

代謝の低下

を挙げます。

  • 代謝が下がって太ってきた
  • 代謝が下がって痩せにくい(痩せない)
  • 代謝が下がって疲れやすい

でも、皆さん代謝について具体的にどのようなことなのか?と言うことはあまり理解されていません。

代謝とは、超簡単に説明すると、摂った栄養素を体内でエネルギーに変える(消費)一連の流れです。

皆さんが食事から摂った糖質、脂質、たんぱく質が正常な流れで消費できていれば、太りませんよね?

しかし、その流れがうまくいっていないと、使い切れずに身体に残っていきます。

これが、脂肪細胞に溜まっていくことで太っていきます💧

では、図で示しながら簡単に見ていきましょう。

皆さんの身体の細胞の中には【ミトコンドリア】と言うのが存在しています。

このミトコンドリアの中で、皆さんが生命活動に必要なエネルギーを作っているんです。

いわば、エネルギーの生産工場ですね^ ^

アラフォー以上の方々は、この工場内でのエネルギー生産がスムーズに出来ていないんですね💧

では、なぜスムーズに出来なくなっているんでしょうか?

原因その1:代謝酵素の不足

では皆さんは酵素って聞いたことありますか❓

まずは下記の図をご覧ください。

酵素は、皆さんの身体の中で作られる【体内酵素】と外から取り入れる【体外酵素】に分けられます。

そして、体内酵素は【消化酵素】【代謝酵素】と言う形で使われます。

この2つは、まず消化が優先的に使われるという性質があります。

そして、現代の食生活では酵素の大半を消化で使ってしまっている状況です。

こんな感じ

  • 過食
  • 動物性たんぱく質の摂りすぎ
  • 加工食品(添加物)の摂りすぎ

等によって消化酵素の無駄使いをしてしまっているんです。

ということは、その分代謝酵素に使える量が少なくなってしまいます。

この代謝酵素が働かないとミトコンドリアでエネルギーをスムーズに作れなくなってしまいます。

原因その2:ミトコンドリアの酸化

この原因がかなり比重を占めます。

先ほどからお話している通り

ミトンコンドリア=エネルギーの生産工場

です。

このエネルギーの生産工場が年齢を重ねるに従って老化(酸化)していきます。

皆さんの身体の中のエネルギー工場が老朽化していっているんです💧

原因は【悪玉活性酸素】です!

こいつによって細胞(ミトコンドリア)がダメージを受け酸化(老化)していってしまうんです。

そして、老化したミトコンドリアは、古くなってエンジンがたくさん排気ガスを出すのと同じように、たくさんの活性酸素を出すようになり、それによって益々老化が激しくなっていくという【負のスパイラル】に陥っていきます。

現在の皆んの身体は、下記の図のように

  • 代謝酵素不足
  • ミトコンドリアの酸化

のダブルパンチの状態です💧

では、これをどのように改善していくのか❓

その方法を具体的にお伝えしていきます❗️

消化酵素の浪費を抑えて、代謝酵素アップ

これは、食事改善によって先ほどの消化酵素と代謝酵素のバランスを変えていきます。

過食を抑える

皆さんはこの話をすると

「これが出来たら苦労しないんですよね〜」

っておっしゃるんです(笑)

当然ですが、これにはコツがいります^ ^

それは

血糖値のコントロール

です。

皆さんの勘違いをここで訂正しておきます❗️

食事の満足度は、食事の量と関係ありません❗️

関係あるのは、血糖値が上がったかどうかです。

血糖値が下がる=お腹が空く

血糖値が上がる=お腹が満たされる

です。

なので、この血糖値のコントロールをしっかり行なってあげると、そこまでの量を食べなくても満足するんです✨

ちなみに、血糖値のコントロールをやらずに食べる量を減らすと。。。

これしか食べられない💢

となって長続きしないので気をつけましょう💧

添加物をなるべく摂らないようにする

コンビニやファミレスなど外食が多い方やお菓子などのジャンクフードを好む方は、少し意識して回数を減らしてみましょう。

大量の食品添加物は、消化酵素の浪費となってしまいます。

特に酸化防止剤や乳化剤などには注意してください❗️

動物性のタンパク質などは、生野菜やフルーツと一緒に摂る

一般的に動物性タンパク質は、消化に負担がかかります。

特に動物性の加工食品(ハム、ベーコン、ソーセージ)は、気をつけてください💧

もし、動物性のタンパク質を摂る場合は食物酵素を含む野菜やフルーツを摂り消化の負担を減らしましょう。

  • 焼き魚➕大根おろし→大根おろしがタンパク質を分解する酵素を持っている
  • 生姜焼き➕擦ったりんご→タレと一緒に漬け込んでおくと肉が柔らかくなる

etc

普段から意識して摂ってみましょう💪

ミトコンドリアの再生

これが一番重要だといっても過言ではありません。

先にお話しました通り、皆さんのミトコンドリア(=エネルギーの生産工場)は古くなっています。

これを新しいものにしなくては、糖質制限も置き換えダイエットも全てその場しのぎになってしまいます。

では、どうやってこのミトコンドリアの老化を改善するのか❓

これが

ファスティング

です。

ファスティング中、身体はオートファジーによっては古くなったミトコンドリアを選択的に再生させるんです。

オートとは自分、ファジーは食べるという意味で、名前のとおり、自分自身を食べる(分解する)。細胞の中にあるミトコンドリアや小胞体などの細胞小器官は常に入れ替わっているが、オートファジーが、この細胞内の入れ替わりを助ける役割を果たしている。

ファスティングを繰り返すと古くなったミトコンドリアが、どんどん新しいものに生まれ変わるんです。

ミトコンドリアが再生し、そこに十分な代謝酵素があり、ビタミンB群やマグネシウムなどのビタミン・ミネラルがバランスよく摂れていると、代謝はどんどん上がり痩せやすく&太りにくい身体が出来上がります。

ダイエットに必要なビタミン・ミネラルに関しては、こちらをご覧ください。

ダイエット成功に欠かせない栄養素【マグネシウム】の働きと多く含む食材

ダイエット成功に欠かせない栄養素【ビタミンB群】の働きと多く含む食材

実践された方の結果

【41歳女性:1ヶ月半】

体重70.3kg  →  65.1kg  マイナス5.2kg

体脂肪率38.1%  →  35.6%  マイナス2.5%

 

【54歳女性:4ヶ月】

体重57.7kg  →  49.9kg  マイナス7.8kg

体脂肪率36.2%  →  30.2%  マイナス6%

 

【43歳女性:3ヶ月半】

体重58.9kg  →  53.3kg  マイナス5.6kg

体脂肪率31.8%  →  26.9%  マイナス4.9%

 

いかがでしたでしょうか❓

40歳以上でもスルスル体重が落ちていきます💪

ぜひお試しください^ ^

REBORNでは、他にはない結果保証コースをご用意しております。

これは、痩せるまで(目標達成するまで)

・週1回のトレーニング or  エステ

・月1回のファスティング

結果が出るまで追加料金なし&無期限サポートする

というコースです❗️

保証コースの内容はこちら

もし

  • 1人では頑張れない
  • やるなら確実に効果が出したい

という方がいらっしゃいましたら、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください❗️

薄着の季節はすぐそこまで来ています。

今年こそ自信を持って薄着になりましょう💪

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

~~~~~~~

ファスティングダイエットといえば!
千葉市稲毛のパーソナルジム「REBORN」

  • エステメニュー
  • ダイエット
  • パーソナルトレーニング

のブログ随時更新中!

LINE@にご登録ください!

今ならアンケートにお答えくださった方に体験割引クーポンプレゼント❗

LINE@優先情報など盛りだくさんです❗

ダイエットのウソホントやダイエットお役立ち情報を配信しています❗

登録はこちらから

友だち追加数

 

 

無料カウンセリングお申し込み

初めてで不安だから話を聞いてみたい、トレーニングを試してみたいなどありましたら是非ご連絡ください。
お客さまの都合の良い時間にご案内させていただきます。

LINE友だち登録

友達追加しアンケートに答えると、もれなく体験割引きクーポンをプレゼント!
ダイエットノウハウが無料で手に入る「ダイエットメール講座」やダイエットの無料お役立ち情報も配信中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

カテゴリー

Facebook