永遠のダイエット地獄から抜け出す方法

こんばんは❗️千葉市稲毛駅から徒歩1分、40歳以上を10kg痩せさせるダイエットジム「REBORN」代表の本宮です。

 

 

 

台風の影響はすごかったですね> <

 

 

 

嬉しいことにREBORNでは、本日も飛び込みカウンセリングやお問い合わせがありました^ ^

 

 

 

ダイエットのパートナーにREBORNをお選びいただきありがとうございます✨

 

 

 

REBORNに体験にいらっしゃる方はやはり40歳以上が多いですが、皆さんある程度ダイエット経験を皆さんお持ちです。

 

 

 

体験レッスン時、またはカウンセリング時に私がいつもお話するのは

 

 

 

ダイエットから卒業しましょう

 

 

 

ってことです^ ^

 

 

 

この手のブログをご覧いただいている皆さんは、リバウンド経験者が多いのではないかと勝手に思っています(笑)

 

 

 

中でも多いのは

 

 

・プロテインなどの置き換えダイエット

・糖質制限ダイエット

 

 

ではないでしょうか?

 

 

 

これらを試された方は、正しくできていれば、それなりに結果が出たのではないでしょうか?

 

 

 

でも、このブログをご覧いただいたという事は

 

 

 

リバウンドしちゃった> <

 

 

のではないですか?

 

 

 

なぜでしょう・・・❓

 

 

 

理由はただ一つ

 

 

食に対する意識が変わらなかった

 

 

からです。

 

 

ここで重要な点があります❗️

 

 

皆さんの身体は食べたもの(正確には吸収したもの)で出来ている

 

 

と言うことです。

 

 

つまり、食べるものや量によって今の体型が出来上がっているんです。

 

 

と、いうことは、一時的に糖質制限や置き換えダイエットをしても、食事を今まで通りに戻しちゃったら、元に戻っちゃうんです?

 

 

一時的に我慢して痩せても、それを続けられなかったら戻っちゃうんですよ。。。

 

 

だから

 

 

食に対する意識を変える

 

 

必要があるんです。

 

 

REBORNダイエットプログラムは、ただ単に痩せるだけではなく、食に対する意識もガラッと変わります。

 

 

・間食をほとんどしなくなった

・揚げ物を食べなくなった

・食事の量が自然と減った

・食べすぎた後の食事コントロールが出来るようになった

 

 

など、我慢しなくとも太る要因の食事を自分で選択し、排除することがストレスなく出来るようになるんです❗️

 

 

だからクライアントの皆さんは平気で

 

 

「昨日食べすぎちゃいました(笑)」

 

「今週は飲み会三連ちゃんでした!」

 

 

など、ダイエットジムではNGワードが飛び交っています(笑)

 

 

でも、大きくリバウンドすることなくしっかりと体脂肪を減らしていけています✨

 

 

ダイエットの常識が変わるREBORN式ダイエットプログラムを一度試されて、永遠のダイエット地獄から抜け出しましょう?

 

 

 

LINEでお悩みアンケートにお答えいただくと、私が普段クライアントさんにお話ししているダイエットの超重要ポイントがわかるダイエット講座をお送りしています❗️

 

 

 

ぜひお友達登録していただき、正しいダイエット知識を無料でゲットしちゃってください✨

 

 

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

~~~~~~~

ファスティングダイエットといえば!
千葉市稲毛のパーソナルジム「REBORN」

・エステメニュー
・ダイエット
・パーソナルトレーニング
のブログ随時更新中!

 

LINE@にご登録ください!

今ならアンケートにお答えくださった方に体験割引クーポンプレゼント❗️

毎月無料クーポン抽選会やLINE@優先情報など盛りだくさんです!

ダイエットのウソホントやダイエットお役立ち情報配信しています!

登録はこちらから

友だち追加数

 

 

無料カウンセリングお申し込み

初めてで不安だから話を聞いてみたい、トレーニングを試してみたいなどありましたら是非ご連絡ください。
お客さまの都合の良い時間にご案内させていただきます。

LINE友だち登録

友達追加しアンケートに答えると、もれなく体験割引きクーポンをプレゼント!
ダイエットノウハウが無料で手に入る「ダイエットメール講座」やダイエットの無料お役立ち情報も配信中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近のコメント

    カテゴリー

    Facebook