81歳10年来の変形性膝関節症が軽減


change-948008__180

こんばんは!本日は涼しく過ごしやすかったですね^ ^

 

明日数日で10月、今年も残すところあと3ヶ月になりますね^ ^

 

さて、本日は私トレーナー人生で最高齢81歳のIさんがご入会されました❗️

 

ある方の紹介で、カウンセリングをさせて頂いたのですが、10年ほど【変形性ひざ関節症】を患っており、ここ1年整形外科に通うも全く良くならずお悩みとの事でした。

 

現在も月1〜2回リハビリと週3〜4回プールでのウォーキングをされているとの事ですが、改善が見られず、常に杖をついている状態でした。

 

まず、足や身体の状態を見たところ、外ももはがっちりしているのに、内ももはやせ細っていました。

 

また、お尻にも全く力が入っておらず、膝がねじれている状態でした。

 

そのような状態で、リハビリでスクワットや片足立ちなどしているとの事でした。。。。。

 

思うところは色々ありますが、ここでは割愛します(笑)

 

そこで、Iさんにやって頂いたのは

 

内ももをしっかりと使うエクササイズでした。

 

仰向けで、弱い左足1本でヒップアップのトレーニングを行いました。

 

ご自分でやっていただくと、内ももは全く使えず外ももに効いている感じ。

 

そこで、まず骨盤のバランスを意識して頂きしっかりと内転筋に効くように10回、次に弱っているお尻の筋肉に刺激を入れました。

 

その後、リハビリでは10秒ともたない片足立ちをしていただくこと

 

30秒立っていられるようになり、最初に痛がりながらやっていた踏み台昇降もかなりスムーズにできるようになっていました。

 

Iさんご本人も

 

「最初に来た時よりも、足が軽いし、痛くない。片足立ちもいつも10秒しか出来ないのに」

 

と驚かれていました。

 

私は治療家でも医者でもありませんので、診断は出来ませんし、治療も出来ません。

 

しかし、使えているところとそうでないところは分かりますし、そのアンバランスを取り除いてあげることで症状が改善することをたくさん見てきました。

 

Iさんも

 

「足の筋肉をつけましょうと言われても、痛くてねぇ・・・・。」

 

と言っていましたが、しっかりと一人ひとりの状態を見て、筋肉のバランスを整えていけば、きっと痛くない状態で、トレーニングが出来るのではないでしょうか。

 

ダイエットだけでなく、痛みを抱え改善のために運動したくても出来ない方をサポートしていくのもトレーナーの仕事だと改めて思った日でした^ ^

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

~~~~~~~
ファスティングダイエットといえば!
千葉市稲毛のパーソナルジム「REBORN」

・エステメニュー
・ダイエット
・パーソナルトレーニング
のブログ随時更新中!

 

LINE@にご登録ください!

毎月無料クーポン抽選会やLINE@優先情報など盛りだくさんです!

ダイエットのウソホントやダイエットお役立ち情報配信しています!

登録はこちらから

友だち追加数